ヒストリー
1983年

■9月
4名にて『リトルホンダ』の名称で活動を開始。



1984年

■2月5日(日)
第1回ツーリング 富士スピードウェイ N5台、6名にて。
イベント参加の形でのツーリングだったが、この場にていずれ2代会長となるKK氏と出会う。

■4月
名称を『N360 ENJOY CLUB』と改め、クラブステッカーの図案も決定し、各自動車雑誌に新メンバーの募集を行う。

■5月20日(日)
第2回ツーリング 東京奥多摩秋川渓谷 N5台、7名にて。

■10月14日(日)
第3回ツーリング 茨城筑波方面 N4台、5名にて。

■12月12日(水)
ミーティング&忘年会 東京北千住
この時、前代表RK氏入会。会長をMY氏よりKK氏に交代。

この頃、MY氏はT360(現ホンダコレクションホール収蔵)を入手。
雪のFISCOにて。


1985年

■1月13日(日)
ツーリング 静岡修善寺 N6台、9名にて。

■3月4日(月)
会報『Nッコロ』創刊第1号発行。
手書き4ページに次回ツーリングの地図。

■3月17日(日)
ツーリング 埼玉秩父芦ヶ久保 N4台、10名にて。

■4月14日(日)
オールホンダミーティング(第4回) 愛知蒲郡 参加。

■4月29日(祝)
TACS CCF 筑波サーキット ピット2名、応援10名。
メンバーのI氏がMクラスにN500 RACINGにて参戦、痛恨のスピン。

■8月8日(日)
会報『Nッコロ』第6号発行、ワープロ導入による活字化。6ページ。

■9月29日(日)
CLUB RACING 製作用ベース車を入手。雨の中、ガレージに運搬。

この年、その他ツーリング3回、イベント参加2回。
筑波サーキット、ピットにて。

I氏のサポートをする各メンバー。



1986年

■2月26日(日)
ミーティング 東京北千住 N10台、14名にて。

■3月8日(土)〜9日(日)
TACS CCF 筑波サーキット 二日間で延べ28人で参加。
初日、I氏がMクラスにてマイナートラブルをクリアし無事完走。二日目、仮ボディながらクラブレーシングはK氏のドライブにて快走、他車を圧倒してチェッカー。しかしその直後、ドライブシャフトが抜けてピットへの帰還はレッカーにて。

■4月27日(日)
オールホンダミーティング(第5回) 愛知蒲郡 N2台、4名にて。
クラブオリジナルのFRP製ボンネット&フェンダーキットを持参。同日、都内某所にて他メンバーによりクラブレーシングのボディ塗装。

■7月
クラブレーシングの本格製作に入る。

■10月12日(日)
富士ジャンボリー FISCO 18名にて。
完成したクラブレーシングを初ドライブ。KY氏、YM氏も自Nをチューンし参加、サーキットの走行を満喫。

■11月16日(日)
ツーリング 千葉マザー牧場 N7台、11名にて。

この年その他、ツーリング3回、ミーティング多数。在籍N27台、会員21名。
富士山ツーリングにて。

オーバーヒート続出で途中2回ほど休憩。



1987年
■3月1日(日)
ミーティング 東京北千住
会費制度の導入(それ以前は入会金とステッカー代のみ)、各担当の徹底、ミーティングの定例化等を決定。

■3月28日(土)〜29日(日)
TACS CCF 筑波サーキット 二日間で延べ22人参加。
Mクラス参戦のI氏は燃料系のトラブルで6周目にてリタイア。翌日は、一応の完成をみたクラブレーシングと他2台が参加。が、全周回ペースカー付となり不満の残る走行会となる。

■4月5日(日)
オールホンダミーティング(第6回) 愛知蒲郡 3名にて。
Nでの参加が減少傾向で、また他軽自動車クラブとの考え方の違いを強く感じる。

■9月13日(日)
ツーリング 茨城常陸太田袋田の滝 N7台、10名。
高速道のSAにて雑誌の取材を兼ね企画。当日の全走行距離300km。

■11月1日(祝)
富士ジャンボリー FISCO 参加者10名。

この年その他、ツーリング3回、ミーティング毎月。
TACS筑波 にて。

クラブレーシング(ゼッケン4)

とKY氏N(ゼッケン6)。



1988年

■2月20日(水)
会報『Nッコロ』第36号、創刊3周年記念号発行、20ページ。
メンバーからのメッセージ、『私はこの車に全てを賭けた』(本田宗一郎 氏談)、欠品パーツとその対策等。

■3月12日(土)
TACS CCF 筑波サーキット 10名参加。
KY氏、KK氏、RK氏が各Nにて走行。

■5月21日(土)
Kカータイムアタック 神奈川湘南スピードパーク N2台、6名。
ショップ主催でカートコースを使用したタイムトライアルに参加。現代車ばかりで場違いな印象を受ける。

■6月26日(日)
ツーリング 神奈川三浦半島 N8台、11名。
レストアを終えたばかりのKK氏Nにトラブル発生、イベント史上初のリタイヤ。原因不明にて最寄のレストランPに置き、同日深夜にトラックで引き揚げ。

■11月14日(月)
プライベート走行会 本田技研荒川テストコース N3台、4名。
2&4旧車オーナーによる内輪の走行会に参加。かつての開発コースでの走りを満喫、しかしクラブレーシングがプライマリーギヤを破損。

この年その他、ツーリング2回、ミーティング毎月。クラブ創始者MY氏がカナダへ移住。
ホンダ荒川テストコースにて。

急激な発進減速を繰り返した為、

一次減速のギヤを破損。



1989年

■1月22日(日)
JCCA NEW YEAR MEETING 東京明治公園 N9台、19名。
クラブとして正式に出展。クラブレーシングを中心にNを展示、オリジナルパーツの販売も行い、存在をアピール。

■2月14日(火)
会報『Nッコロ』第48号、創刊4周年記念号発行。

■6月4日(日)
Vol,1 JOINT TOURING 群馬妙義山 N9台、11名。
合同ツーリングの形で開催。

■7月30日(日)
東京オートジャンブル 東京板橋プレステージ
JCCA主催のガレージセールに参加。時ならぬ雨に見舞われたが持参のテントで事無きを得る。

■11月12日(日)
オールホンダミーティング(第8回) N6台、9名。
内容を軌道修正し参加資格をSB-1シビックまでのホンダ4輪車としたが、参加の減少に歯止めがかからず、盛り上がりを欠いた。『H1300 OWNER`S ASSOCIATION SPIRITS 302』のMS氏と交流を持つ。

■12月2日(土)〜3日(日)
箱根方面忘年会&ツーリング 神奈川箱根湯元 N7台、13名。
要望の多かった一泊ツーリングを実現。以後クラブの恒例行事となる。

この年その他、ツーリング2回、ミーティング毎月。クラブ在籍22名。
Vol,1 JOINT TOURING にて。


NEXT    INDEX